鰤、後日談

IMG_08018キロの鰤はもらってからが大変。1日そのまま漁協の冷蔵庫に置かせてもらい、次の日職場のできる人にさばき方を教えてもらうことに。レストランの厨房を借りて解体作業。見事な臓物と魚体の仕組みに感嘆しながら、必死で肉と骨とに分けました。4つに分けた肉をさらに短く切って、ペーパータオルで巻いてラップする。内臓とアラはそれぞれビニール袋に入れる。そうやって彼女(メスでした)は、みんなのお腹にありがたく納まりました。

感慨深く満足度も高い作業ですが、使ったビニール類の量に具合が悪くなり、個人的にはやはり野菜で生きていこうと決めたのでした。忙しい現代生活、肉食魚食はあまり環境によろしくないみたい。けれどビニールなし、冷蔵庫なしの時代の魚処理にとても興味がわいてきます。

血みどろ作業につき写真がとれなかったので、かわりに一緒にもらった鯛IMG_0797

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s