冬、そしてまた新年

冬、そしてまた新年

小値賀2度目の冬です。かんころ餅と干し大根の季節。五島地方の名物かんころ餅は、かんころ(切り干しさつま芋)と米の餅を一緒に蒸してついたもの。かんころと餅の割合や砂糖の量は家ごとに変わります。小値賀では胡麻と生姜が必ず入りますが、上五島ではまちまち。たくさんついて親戚や友人に贈る習慣も、小値賀ではまだ健在です。大島の徳蔵さんちは十蒸篭、その数140本。次々蒸し上がってくるのを機械に通し、両手でこねてナマコ型に作っていきます。 Continue reading “冬、そしてまた新年”